愛だ

love Blog

 

 

-目の前の 現実は

全て 己が 創造している。

 

 

 

 

 

最近 「愛」について

考えさせられる出来事が

たびたび あった

 

 

むしろ

数十年間 長らくの

私のテーマだった。

 

 

率直に言うと

 

 

 

愛がよくわからなかった。

 

 

わからなすぎるので

一人を選び

愛されているとも知らず

愛していないと

 

また一人を 選んできた。

 

 

 

 

 

 

孤立する 自分

愛されない 自分

 

かわいそうな自分

ほら どうせ 一人 と思っている自分

 

 

複雑で 困難で

たやすくないんだ

こんなに苦しい世界なんて

やめてしまいたい

 

 

本気でそう 思っていた時期もあった。

 

 

 

 

 

優しい人が いるのだとしたら

それは 自分にあるもの

 

成功している人が 近づいてきたら

それは いつか来る日の あなた

 

ひどいことを言う人が現れたら

いつかの自分

 

 

 

それに 気づくだけで

 

 

世界は 捨てたものじゃない。

 

 

 

 

おそらく その瞬間から

もう 違う世界にいると思う。

 

 

 

これは いまだに 自分に

たびたび言う言葉ですが

 

 

目の前の 現実は全て自分が創造している。

 

 

まだピンときていない。

でも本当は どうしたらと

迷うこともある。

 

 

 

さあ そろそろ

目の前に いる 愛すべき人々を

ようやく 愛する時が来た。

 

 

 

 

己さえ もう

 

愛で満たされることが

 

ふさわしい人間なのだと 認める時が来た。

 

 

 

 

画像2

コメント

タイトルとURLをコピーしました